●太陽光発電のリスク・デメリット articles

太陽光発電投資のリスクとしてよく挙げられるものは

・ 天候不順
・ 災害
・ 機器の故障

の3点となっています。もちろん他にもリスクはありますが、あまり細かいリスクを数えてもキリがないですよね。例えば外で道を歩くリスクも交通事故から隕石の飛来まで数えきれないほどのリスクがありますよね。以下、

【天候不順について】

日本における太陽光発電所のシミュレーションにおいてはNEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)のデータが使われていますが、こちらは過去約30年分のデータの平均をとったもの。もちろん天気が良い年もありますし、悪い年もあります。

長期的に見ればシミュレーションに近い形の収益を得られるようにはなるはずですが、基本的に天候による太陽光発電所の発電量の差は年ごとにシミュレーションの±20%以内と言われています。キャッシュフローがマイナスとならないよう、なるべく余裕のある事業計画を立ててください。

 

【災害について】

太陽光発電所の4大災害は落雷、火事、盗難、イタズラとなります。

落雷を避けるのは難しいですが、雷が直撃しても全損する事は非常に稀で、数枚から数十枚のパネル破損および1,2台のパワコンの故障というケースが多いです。

火事については野立ての太陽光発電所の場合、パネルよりもパワコンが故障により燃えて全損するケースがほとんどです。ただし屋根における太陽光発電の場合は、パネルの故障により屋根に火が付き、全焼する事もありますので家庭用の太陽光発電パネル選びは特にご注意ください。

盗難に関しては工事中に部材を盗まれるケースがほとんどです。人気のないところほど盗難の確率は高くなります。特に汎用性のきくケーブルは盗まれやすいため、施工の際は出来ればフェンスを先に取り付けた方が良いとされています。自身で部材を調達して、施工だけ業者に任せるような際には盗難に遭っても業者に責任はありませんので対策が必要です。

イタズラに関しては人間が行うケースよりも動物、特にカラスが石やゴルフボールをパネルに落としてパネルを割るケースがほとんど。ゴルフ場の近くや森が近く石が多い土地などではカラス対策が必要になるかもしれません。

いずれのケースにも対応する保険がありますが、まだ太陽光発電は本格的に始まったばかりであり、保険料は大きく増減する可能性があります。保険を過度に信頼せず、なるべくリスクが少ない発電所を作ることが重要です。

また、津波や地震、水害などが生じた際のリスクも念頭に入れて物件を選ぶようにしてください。

 

【機器の故障について】

機器の故障ついては主にパネル、パワコン、架台において考慮する必要があります。

太陽光パネルは製品保証10年、性能保証25年と各社が宣伝をしていますが、実際の保証内容はパネルメーカーによって大きく違います。特に大々的に広告宣伝費をかけて保証をうたっても、実際に故障が見つかった時は横柄な態度で交換に応じないメーカーも有ります。たとえ交換に応じてくれたとしても施工費用は別となるため、保証よりも基本的には壊れないメーカーのものを選ぶのがいいでしょう。

パワコンについてはよく、10年間で全交換をする事業計画をたてている方がいますが、メーカー側で想定している交換が必要となる故障率は20年で10〜20%程度です。特に初期におけるソフトウェアのトラブルが多く見られていますので、まずはしっかりとしたモニタリングを行いなるべく早くトラブルを発見する事が重要です。

架台についてはしっかりと耐風圧が計算されているものを使用するだけでなく、地盤の強度や腐食に対する耐性についてもしっかりと確認をしてください。海岸に近い塩害地域で何の対策もしない架台を設置すると後に非常に痛い目に遭います。

 

▼リスク・デメリットについての記事をブログにて随時更新しています。記事は下記よりご覧ください。


 

太陽光発電所の買い方と売り方 平成27年度末に向けて

太陽光発電所の買い方と売り方 平成27年度末に向けて

太陽光発電所の分譲案件のお話を 毎日にように頂くようになりました。 太陽光発電ムラ市場では詐欺や手抜きがないか 精査をするのですべての案件は掲載できません。 http://ichiba.solar-club.jp/ その

【お願い】太陽光発電の手抜き工事で困っている方、取材させてください

最近、NHKさんから太陽光発電の手抜き工事について 取材を受けています。 たぶん出演はしませんので宣伝にはなりませんが 太陽光発電の正しい情報を広めてもらうため。 私に出来ることは全面的に協力させていただきます。 協力を

太陽光発電所の手抜き工事の発見はお早めに

FIT導入から3年がたった太陽光発電市場。 メンテナンスサービスもだいぶ本格化してきました。 しかし、メンテナンスを請け負ったものの 元の施工が悪く作りす事に至るケースも。 こちらの写真の現場もそんな手抜き工事事例の一つ

鬼怒川の決壊と太陽光発電所の注意事項および15日のボランティア活動参加募集

(写真は朝日新聞デジタルより http://goo.gl/lNNTAZ) ▼水没した太陽光発電所には近づかない 鬼怒川水害を受けて、一般社団法人太陽光発電協会から”太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処につい

チバテレビ ビジネスフラッシュで太陽光発電ムラがとりあげられました

先日、チバテレビのビジネスフラッシュに出させていただきました。動画はこちら。 http://goo.gl/YzOSAJ 今回は経営者として1人での参加でしたが、会社ではなく太陽光発電ムラとして宣伝をさせていただいたつもり

Top