●運用ノウハウ articles

「太陽光発電所は空室のないマンション」

不動産賃貸物件に比べ、安定的な収入が見込める太陽光発電所はこのように呼ばれることがあります。しかし、あくまでも投資であるので取得や運用の仕方によっては想定通りの利益を得られなくなることも当然あります。

最近、「激安太陽光発電所、KWあたり◯◯万円」などという広告をよく見かけるようになりました。しかし、不動産賃貸物件の価格が立地や築年数によって違うように、太陽光発電所の価格も立地や設備内容、売電権利の取得年度によって大きく違います。

また、太陽光発電所は設置してしまえばメンテナンスフリーだと売り込む業者もいます。確かに不動産賃貸などに比べればメンテナンスフリーに近いように見えますが、空室こそありませんが放置しておくと劣化により家賃自体が低下していきます。

しっかりと知識をつけてしっかりと利益を確保してください。


 

ソーラーシェアリングにフェンスが不要な理由

ソーラーシェアリングにフェンスが不要な理由

改正FIT法によりフェンスが義務化され、ソーラーシェアリングをしている方からよく問い合わせを受けます。 結論としてソーラーシェアリングの発電所にはフェンスは不要です。 ソーラーシェアリングにフェンスが不要な理由 なっとく

太陽光パネルに降り積もった雪にお湯をかけるリスク

太陽光発電投資を北国で行っている人にとって 頭がいたいのが降雪ですよね。 写真は滋賀県ですがパネルにたっぷりと雪が積もっています。 この分だと今日一日の売電収入はゼロでしょうね。 日本海側の雪国の場合、1月2月の売電収入

太陽光発電所のトラブル原因の内訳

太陽光発電のメンテナンスの講習会に頑固職人さんと参加してきました。 やはり太陽光発電所投資を利回りだけで見るのは恐ろしいですね。 太陽光発電所のトラブルのうち25%がパネル、 14%がパワコンに起因するものだそうです。

太陽光発電設備取得費用の50%を一括償却 生産性向上設備投資促進税制の申請にかかる時間

太陽光発電設備取得の一括償却のため 今日は関東経済産業局へ。 生産性向上設備投資促進税制で年度末までであれば 50%の償却が受けられます。 https://goo.gl/BuveWc 法人を経営してつくづく思うのは日々そ

太陽光発電所の買取価格で電力会社窓口の見解が分かれるケースが生じています

太陽光発電所の設備の仕様を変更した際に 窓口の解釈の違いで価格変更を言い渡されることがあります。 こちらについては 太陽光発電所の仕様を変更する際に 必ずしなければならないこと でも紹介しました。 https://goo

太陽光発電所の固定資産税を3年間半額にする方法

太陽光発電所の固定資産税を減免するスキームが 7月1日より開始されました。 これは中小企業等経営強化法の経営力向上設備というもので 申請すると3年間固定資産税が半額に減免される制度となります。 詳しくはこちらをご参照下さ

Top