●これからの太陽光発電 articles

電気自動車@雪国 日産LEAFを新潟で使ってみました

電気自動車@雪国 日産LEAFを新潟で使ってみました

車はジムニーにしか興味がなく、結婚してからずっと中古のポルテに乗っている私ですが、さすがに17万キロ近く走るとあちこちガタがきます。 次の車はどうしようかと考えていたところ、知らないうちに妻が日産LEAFの2週間試乗体験

太陽光発電の導入量を左右する重要な存在 風力発電の講習に行ってきました

今日は新エネルギー財団さん主催の風力発電の講習に出席してきました。 電力自由化時代を迎えるにあたり、地方における存在量と参入障壁を考えると、風力と中小水力はどうしても外すことは出来ません。 何となく風が強いところで計画し

原発再稼働に突き進む少資源国日本と100%再エネを目指す産油国

岡山しげる会でも高知しげる会でもアゼルバイジャンのことを何回も聞かれました。 「どこにあるんですか?」  「イスラム国は大丈夫ですか?」 「お酒飲めないんですよね?」 「怖くないんですか?」 「何でアゼルバイジャンだった

日本の電力価格はいくらか 太陽光発電とグリッドパリティと脱原発

写真は自作発電所の施工体験会での一コマ。夫婦で発電所作りました的な絵になっていますが違います(笑)このように気軽に発電所が作れる時代が着々と近づいています。 太陽光発電の未来を考える上でしておいていただきたのがグリッドパ

【注意】次年度FITによって粗悪品パネルを買わされる可能性があります

共同通信によると経済産業省が次年度の再生可能エネルギーの固定買い取り制度の見直しで、最安値のパネルを買い取り価格算定の基準にしようとしているようです。 http://goo.gl/8DpOeC 以下、共同通信社の記事より

燃料電池自動車が再生可能エネルギーと電力自由化に与えるインパクト

(写真はトヨタ自動車HPより) 日経新聞によるとトヨタ自動車は18日、燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を12月15日に国内で発売すると発表したそうです。価格は723万6千円(税込み)で、国からの補助金を合わせ

産油国の新エネ計画を見に行こう。アゼルバイジャンに行ってきます

今日から日曜までアゼルバイジャンに来ています。 アゼルバイジャンは原油産出量が世界第二位のバクー油田を抱えていますが、再生可能エネルギーの導入にも積極的で再生可能エネルギーだけで全てのエネルギー供給を賄う都市計画がたくさ

増殖可能エネルギーと使い捨てエネルギー

「増殖可能なエネルギーを出来るだけ制限して、使い捨てエネルギーを推進します!」 太陽光発電の受入量を制限しながら原発を再稼働させる九州電力の取り組みは、単純に言えばこうなります。この時代に逆行した動きを何とか止めないとと

Top